良達について

会社沿革

良達は設立して以来、25年間に渡り、様々な製品技術や製品用途、生産流通等を把握している実績があります。また、市場のニーズに応じて、工場の新設と生産ラインの増設を積極的に進めております。これからも世界中のお客様へ、よりよいPCB基板の品質とサービスの提供を続けてまいります。

下記は弊社の主な沿革です。


高雄良達工場は垂直連続搬送型銅メッキイラン(VCP)とアルカリ真空エッチング設備を増設

2017         













 
 




2016
高雄良達の第4工場は量産開始





高雄良達で金屬基板の板厚み6.0㎜銅ベース/アルミベースを量産導入







高雄良達は設立20周年
2015




中国東莞聯橋電子の第3工場は設立

















2014 高雄良達は車のヘッドライト用のバンプ式銅ーベース基板を量産導入





高雄良達の第4工場工事中







高雄良達はアメリカと台灣向けのミラーアルミ基板を量産 2013
















2009 高雄良達は第3工場の設立稼動





中国東莞聯橋電子は金屬基板を導入生産





高雄良達は韓国向けの大手会社のテレビパックライドモジュールの認証を取得







高雄良達はテレビのパックライド用の特殊基板(FR-4両面板+アルミ)を量産導入
2008
















2007 高雄良達は銅ペース基板と両面アルミ基板を量產導入





高雄良達はヨーロッパ向けの車載照明用金屬基を量産導入





高雄良達は電源関係の厚銅厚板みお金屬基板を量産導入







高雄良達はTS 16949:2002認証を取得
2006




高雄良達の第2工場は量產





中国東莞聯橋電子はTS 16949:2002認証を取得























2005 中国東莞聯橋電子は第2工場を設立





高雄良達はISO 14001:2004認証を取得





高雄良達は設立10周年







中国東莞聯橋電子はISO 14001及びISO 9001:2000認証を取得
2004




高雄良達はヨーロッパ向けのお客様への照明用金屬基板を初生産した

















2003 高雄良達の生産キャパは8,000m2まで増産





中国東莞聯橋電子はQS 9000認証を取得







中国東莞(聯橋電子)成立
2002
















2001 高雄良達はQS 9000認証を取得







高雄良達はISO 9002認証を取得
1997
















1994 高雄の良達科技株式会社成立